2019.6.8 18:02

ヨヴィッチ放出のフランクフルト、セルビアの19歳“後継者”獲得に迫る

ヨヴィッチ放出のフランクフルト、セルビアの19歳“後継者”獲得に迫る

ヨヴィッチ放出のフランクフルト、セルビアの19歳“後継者”獲得に迫る

ヨヴィッチ放出のフランクフルト、セルビアの19歳“後継者”獲得に迫る【拡大】

 今夏の移籍市場で、フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチが、Rマドリードにステップアップすることになった。フランクフルトは、ヨヴィッチの抜けた穴を埋めるため、19歳の俊英獲得に迫っているようだ。

 ドイツ『Sport1』によると、フランクフルトはツルヴェナ・ズヴェズダのU-21セルビア代表FWデヤン・ヨヴェリッチ獲得を目指しており、今夏の移籍が有力視されているという。

 1999年生まれ、現在19歳のヨヴェリッチは16-17シーズンにトップデビューを果たし、今シーズンはセルビアリーグで17試合8ゴールの成績を残している。また、UEFAチャンピオンズリーグでも今季はナポリ戦、パリサンジェルマン戦の2試合に出場した。

 アンダー世代からヨヴェリッチはセルビア代表で主軸を務めてきたこともあり、母国セルビアでは文字通り“ヨヴィッチの後継者”という評価を得ている。

 フランクフルトは21歳FWヨヴィッチをRマドリードに売却したばかり。その穴埋め役は、同胞セルビアの19歳FWが務める可能性が高まっているようだ。(Goal.com)