2019.6.1 07:01

2部降格ハノーバー、原口は移籍希望…会長は「納得いくオファー届いた場合のみ検討」

2部降格ハノーバー、原口は移籍希望…会長は「納得いくオファー届いた場合のみ検討」

特集:
原口元気
2部降格ハノーバー、原口は移籍希望…会長は「納得いくオファー届いた場合のみ検討」

2部降格ハノーバー、原口は移籍希望…会長は「納得いくオファー届いた場合のみ検討」【拡大】

 日本代表MFの原口元気はブンデスリーガ2部に降格したハノーバーからの移籍を望んでいるようだ。クラブのマルティン・キンド会長は同選手が1部でプレーを続けること望んでいると認めている。

 エースストライカーのFWニクラス・フュルクルーク(ブレーメン)やウィングのFWイーラス・ベブー(ホッフェンハイム)をすでに手放したハノーバー。先日開かれたミルコ・スロムカ監督とヤン・シュラウドラッフSD(スポーツディレクター)の就任会見に同席したキンド会長だが、今夏のさらなる戦力整理について語った。

 「我々は予算の安定性を確保するために2人を移籍させた。これからに関しては必要ならば(移籍市場最終日)8月31日までに決断を控える。ある程度納得いくオファーを受けた場合のみ検討するつもりだ」

 「ご存知のとおり、(ブラジル代表MF)ワラシは1部に残り、欧州の舞台でプレーすることを望んでいる。ハラグチも同じだ。だが、彼らは移籍金が見合った場合のみ手放すことになる」

 昨夏ヘルタからハノーバーにやって来た原口だが、同クラブとは2021年までの契約を結んでいる。以前の報道によれば、契約解除条項に定められている違約金は800万ユーロ(約9億8000万円)となっていたという。だが、実際にハノーバー側もより安価での移籍を受け入れると見られている。(Goal.com)