2019.4.28 02:13

ハノーバー、10試合ぶり勝利もリーグ戦での残留が消滅 原口は右SBでフル出場

ハノーバー、10試合ぶり勝利もリーグ戦での残留が消滅 原口は右SBでフル出場

特集:
原口元気
マインツ戦の前半、競り合うハノーバーの原口(右)=ハノーバー(共同)

マインツ戦の前半、競り合うハノーバーの原口(右)=ハノーバー(共同)【拡大】

 ブンデスリーガは27日に各地で第31節が行われ、最下位ハノーバーは、12位マインツと対戦した。原口元気は右サイドバックでの先発出場となった。

 前節引き分け、連敗を8で止めたハノーバー。残留のためにも余談を許さない状況で、マインツをホームに迎えた。

 しかし、試合序盤からマインツの猛攻を受ける。すると28分、ネットを揺らされる。しかし、ビデオ判定の結果ノーゴールとなり、九死に一生を得た。その後もマインツの攻撃を受け続け、なんとか凌ぐ時間帯が続く。

 すると66分、ハノーバーは待望の先制点を手にする。左サイドのマイナがドリブルで持ち運んでクロスを送ったが、一度ブロックされる。しかしボールを残そうとしたマインツGKとDFが被り、こぼれ球がマイナの前に。最後はヴェイダントが無人のゴールに押し込んだ。相手のミスから、大きなリードを手にした。

 サポーターの声援を受けるハノーバーは、その後もマインツの攻撃を耐えながらチャンスを伺う。原口は精力的に上下動を繰り返し、攻撃を活性化させる。

 試合はこのまま終了。やや幸運な形で得たゴールを守りきり、ハノーバーが1-0で勝利した。

 2月頭のニュルンベルク戦以来、10試合ぶりの勝ち星を手にしたハノーバー(得失点差-40)は、勝ち点を「18」に伸ばした。しかし、ドルトムントとのダービーを制した15位シャルケとの勝ち点差が残り3試合で「12」となり、リーグ戦での残留の可能性が消滅している。

 なお、翌日に試合を控える入れ替え戦圏内の16位シュツットガルト(得失点差-40)との差は「3」に縮めており、奇跡の残留に望みを繋いだ。ハノーバーの次戦の相手は、王者バイエルンだ。(Goal.com)

試合結果へ

  • ハノーバー、10試合ぶり勝利もリーグ戦での残留が消滅原口は右SBでフル出場