2019.4.26 12:16

降格迫るハノーバー、原口を1シーズンで手放す方針か?

降格迫るハノーバー、原口を1シーズンで手放す方針か?

特集:
原口元気
降格迫るハノーバー、原口を1シーズンで手放す方針か?

降格迫るハノーバー、原口を1シーズンで手放す方針か?【拡大】

 2部降格が現実味を帯びるハノーバーは、来シーズンに向けて複数の主力選手の売却がほぼ決定的に。ドイツ『シュポルトバザー』では、日本代表MF原口元気に対してクラブが求める移籍金が明かされている。

 長期離脱中のFWニクラス・フュルクルーグやイーラス・ベブーらの今夏の移籍が決定事項として伝えられるハノーバー。主将のDFワルデマル・アントンやMFワラシ、そして原口のいない状態で2部での再スタートを切ることになるかもしれない。

 昨夏に移籍金450万ユーロ(約5億6000万円)でヘルタから加わった原口だが、『シュポルトバザー』によると、契約には移籍金800万ユーロ(約10億円)で行使可能の契約解除条項が盛り込まれているという。そして、「やや不確実な移籍先候補」として古巣のヘルタが挙げられている。

 一方で、同メディアでは他クラブからの獲得オファーが届いたとしても、その金額は「800万ユーロの違約金を大きく下回るだろう」と予想。より安価でハノーバー側も同選手の退団を受け入れると見られるようだ。(Goal.com)