2019.4.7 01:31

ハノーバー、原口フル出場も7連敗で最下位変わらず 久保は途中出場も終盤に交代

ハノーバー、原口フル出場も7連敗で最下位変わらず 久保は途中出場も終盤に交代

特集:
原口元気
ウォルフスブルク戦の前半、競り合うハノーバーの原口(左)=ウォルフスブルク(共同)

ウォルフスブルク戦の前半、競り合うハノーバーの原口(左)=ウォルフスブルク(共同)【拡大】

 ブンデスリーガ第28節が6日に行われ、残留争いも佳境を迎えている。

 16位のシュツットガルトは17位のニュルンベルクと直接対決。ニュルンベルクFW久保裕也はベンチスタートとなった。しかし、味方の負傷により、前半26分から出番を得ることに。

 試合はニュルンベルクが先制しながら、後半に追いつかれて1-1のドロー決着に。どちらにとっても痛い引き分けとなった。また、途中出場の久保だったが、88分に途中交代となっている。

 最下位のハノーバーは敵地でウォルフスブルクと対戦。渦中の浅野拓磨はベンチ外、原口元気は先発した。ハノーバーはカウンターからヘンドリク・ヴァイダントが先制点を挙げたが、前半のうちにレナト・シュテファンに見事なバックヘッドで同点とされる。

 さらに後半にもシュテファンにゴールを許し、結局1-3と逆転負けを喫した。ハノーバーはリーグ戦7連敗で、最下位脱出とはならなかった。

 宇佐美貴史が途中出場となったフォルトゥナ・デュッセルドルフはヘルタに2-1と競り勝ち、順位を10位へと上げている。(Goal.com)

試合日程へ勝敗表へ

  • シュツットガルト戦の後半、競り合うニュルンベルクの久保(左)=シュツットガルト(共同)
  • ハノーバー、原口フル出場も7連敗で最下位変わらず久保は途中出場も終盤に交代