2019.3.4 01:47

原口アシストも及ばず…ハノーバー、残留争い直接対決で大敗

原口アシストも及ばず…ハノーバー、残留争い直接対決で大敗

特集:
原口元気
原口アシストも及ばず…ハノーバー、残留争い直接対決で大敗

原口アシストも及ばず…ハノーバー、残留争い直接対決で大敗【拡大】

 ブンデスリーガ第24節が3日に行われ、シュツットガルトとハノーバーが対戦した。

 シュツットガルトはマリオ・ゴメスが先発。ハノーバーは浅野拓磨と原口元気が再びスタメンで共演することとなった。

 試合は開始早々に動く。4分、中央が空いたスキを見計らってステフェン・ツバーがゴメスへパスを送ると、ターンから見事なフィニッシュ。直前にビッグチャンスを逃していたエースが左足で流し込んでみせた。

 さらに16分、ゴンサロ・カストロのコーナーキックからオザン・カバクがドンピシャでヘディングシュートを沈め、シュツットガルトがリードを2点に広げる。前半終了間際には同じコンビで、またもカバクがヘディングを叩き込む。

 後半に入ると、68分にハノーバーが一矢報いる。原口がスピードを生かして右サイドを抜け出すと、クロスを送る。これにジョナタスが合わせ、1点を返す。

 しかし、この日はシュツットガルトのペース。78分にツバーのミドルシュートがディフレクションもありながらゴールへ吸い込まれると、3分後にも再びツバー。結局5-1となり、シュツットガルトが大勝を収めた。

 敗れたハノーバーは、3連敗で入れ替え戦圏内のシュツットガルトとの勝ち点差は5に。依然として厳しい状況が続いている。(Goal.com)

試合結果へ

  • 前半、競り合うハノーバー・原口(右)=シュツットガルト(共同)
  • 前半、競り合うハノーバー・浅野(左)=シュツットガルト(共同)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 原口アシストも及ばず…ハノーバー、残留争い直接対決で大敗