2019.1.18 08:14

日本代表GKシュミット、失点を反省「ポジショニングのミス」/アジア杯

日本代表GKシュミット、失点を反省「ポジショニングのミス」/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
森保JAPAN
前半、先制のゴールを許すシュミット=ハリファビンザイードスタジアム(撮影・蔵賢斗)

前半、先制のゴールを許すシュミット=ハリファビンザイードスタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー・アジア杯1次リーグF組(17日、日本2-1ウズベキスタン、アルアイン)身長197センチのGKシュミットは先制を許した場面を悔やみ、「ポジショニングのミスがあって、ちょっとニア(近いサイド)が空いてしまった」と反省した。

 それでも2-1の終盤には強烈なミドルシュートをはじく好守もあった。昨年11月の親善試合で代表デビューを果たした26歳の大型GKは、初の国際大会でのプレーを終え「落ち着いてセーブできた。気も張っていたし、体の疲労感は違う」と独特の緊張感が心地よさそうだった。(共同)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 後半、クリアするGKシュミット=アルアイン(共同)
  • ウズベキスタン戦に臨む日本イレブン。(前列左から)佐々木、室屋、乾、伊東、青山、(後列左から)塩谷、北川、三浦、槙野、武藤、GKシュミット=アルアイン(共同)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 日本代表GKシュミット、失点を反省「ポジショニングのミス」/アジア杯