2019.1.17 16:33

真夏の熱湯シャワー、冷房故障…日本代表・塩谷はUAEでの苦労から成長/アジア杯

真夏の熱湯シャワー、冷房故障…日本代表・塩谷はUAEでの苦労から成長/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
森保JAPAN
真夏の熱湯シャワー、冷房故障…日本代表・塩谷はUAEでの苦労から成長/アジア杯

真夏の熱湯シャワー、冷房故障…日本代表・塩谷はUAEでの苦労から成長/アジア杯【拡大】

 UAEのアル・アインに所属する日本代表DF塩谷司が、17日に行われるアジアカップ2019のグループF最終節、ウズベキスタン代表戦を前に報道陣に取材に応じた。

 2017年の夏にサンフレッチェ広島からアル・アインに移籍した塩谷にとっては、クラブ本拠地がある土地でのアジアカップ開催。ウズベキスタン戦が行われるシェイク・ハリファ国際スタジアムは、クラブでホームとして使用することもあるスタジアムだ。

 塩谷はウズベキスタン戦を前に、「普段ここで練習してるので、落ち着く感じはありますね」とリラックスした様子を見せ、「芝とかは基本的にどこも状態はいい。後半くらいになると肌寒くなると思うんで、気候的には全く問題ないと思います。あとは、相手との駆け引きのところじゃないかと思います」と注意ポイントを指摘した。

 UAEでの生活は困難なことも度々あるようで、塩谷は「日本だと当たり前だと思ってたことが、こっちだと当たり前じゃない。知らない世界を知れたっていうのは自分の中ですごく大きいです。昔、本田さんが『海外でやるチャンスがあるんだったら出た方がいいよ』ってことを言ってたんですけど、それがすごく分かりますね。サッカー選手としてもそうですし、人としてもすごく成長できるということを言いたかったんだと」と吐露。それでも、その経験により、「精神的に強くなったとは思います。日本にいた時、自分にとっては非常にやりやすい環境にずっといた。そういう意味では、こっちに来て大変なことは色々ありましたけど、それも全て自分の力になってると思います」と、成長につながっていると実感していた。

 さらに、具体的に苦労したエピソードを問われた塩谷は、「夏場50度とかの時なんかにタンクがやられちゃって、シャワーが熱湯しか出なかったことがありましたね…。我慢しましたよ。クーラーが壊れたりもして、でも熱湯はきつかったですね」と苦笑いしながら答えた。ただ、「(代表メンバーの)みんなメッチャ、ディスってくる。何もねえじゃんとか。ちょっとショックです。静かで、いいところなんですけどね」と、“ホーム”に愛着が生まれているようだった。

 ウズベキスタン代表戦は、17日の日本時間22時30分にキックオフ。森保一監督はこれまでの2戦からの大幅メンバー変更を明言しており、ここまで未出場の塩谷も出場が見込まれている。(Goal.com)

試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 真夏の熱湯シャワー、冷房故障…日本代表・塩谷はUAEでの苦労から成長/アジア杯