2019.1.16 05:01

元日本代表FW・巻が引退 今後はサッカー界発展のために

元日本代表FW・巻が引退 今後はサッカー界発展のために

特集:
森保JAPAN
2006年W杯ブラジル戦でプレーする巻(手前)。現役引退が発表された (共同)

2006年W杯ブラジル戦でプレーする巻(手前)。現役引退が発表された (共同)【拡大】

 J3熊本は15日、元日本代表FW巻誠一郎(38)が現役を引退すると発表した。巻はクラブを通じて「今後はサッカー界の発展のためにできることをしたい」とコメントした。

 熊本・大津高-駒大を経て2003年に市原(現千葉)でデビュー。ロシア、中国と海外のクラブでも経験を積み、14年から故郷の熊本でプレーしていた。

 日本代表として国際Aマッチ38試合に出場し8得点。06年W杯ドイツ大会では、メンバー発表で当時のジーコ監督がポジション別に選手を読み上げ、FWは「高原、大黒、柳沢、玉田…」と名を挙げると、最後の5人目に「巻」と発表。会場の報道陣からどよめきの声が上がった。本大会ではブラジル戦に出場した。

  • サッカー・最近引退した主な元日本代表選手
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 元日本代表FW・巻が引退 今後はサッカー界発展のために