2019.1.12 21:02(1/2ページ)

日本代表・森保監督、大迫欠場濃厚を受け前線の起用に言及/アジア杯

日本代表・森保監督、大迫欠場濃厚を受け前線の起用に言及/アジア杯

特集:
アジアカップ2019
森保JAPAN
日本代表・森保監督、大迫欠場濃厚を受け前線の起用に言及/アジア杯

日本代表・森保監督、大迫欠場濃厚を受け前線の起用に言及/アジア杯【拡大】

 日本代表の森保一監督が12日、オマーン戦に向けた前日会見に出席し、練習を欠席した大迫勇也と東口順昭の状態について言及した。

 13日にオマーンとの第2戦を控える日本は、前日練習に大迫と東口が欠席。森保監督は両選手ともにケガによる不参加だったことを明かした。

 「大迫は右の臀部に違和感がまた出てきていて、東口は昨日の練習で腰に痛みが出た。練習は回避して治療に充てて、早期のチーム合流に向けてやっていくということで、メディカルからは報告を受けています」

 状態を考慮し、オマーン戦の出場は「おそらく難しい」と答え、「順調に回復すれば早い段階でチームに合流できる」と、第2戦の出場は回避させて回復を優先させることを示唆した。

 「チームとして戦力が欠けることは、できればないほうがいいですけど、一番痛いのは本人たちだと思います。早く回復してチームに合流してもらえるように願いたいですし、残った選手とスタッフで次の一戦に勝てるように、どんなアクシデントも乗り越えて一丸となってやっていきたいと思います」

 大迫、東口を欠くなかで臨むオマーン戦。スタートメンバーは「最終的に誰が出るかはゲーム直前まで、メンバー発表直前まで考えて決めたい」と指揮官。「何が一番チームにとってベストなのかを考えて選考したい」と語った。

 大迫不在の前線については「間違いなく新たに先発に入ってもらう選手がいると思いますので、そこでやってもらいたいことは、まず得点を奪うということ、得点に絡むということ、攻撃の選手としての役割を結果として出してもらいたい」と期待を口にした。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 日本代表・森保監督、大迫欠場濃厚を受け前線の起用に言及/アジア杯