2019.1.10 07:20(1/2ページ)

“予想通り”の苦戦を強いられた日本代表…森保監督が考える要因は?

“予想通り”の苦戦を強いられた日本代表…森保監督が考える要因は?

特集:
アジアカップ2019
森保JAPAN
前半、試合を見守る森保監督=アブダビ(撮影・蔵賢斗)

前半、試合を見守る森保監督=アブダビ(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 日本代表は9日、アジアカップ2019グループリーグ初戦で、トルクメニスタンに3-2と勝利した。試合後の会見で、森保一監督が初戦を振り返っている。

 「大会の初戦は難しくなると思っていましたし、厳しい戦いになるということはチームで共有して、今日のトルクメニスタン戦に臨みました。“予想(通り)”と言っていいかわからないですが、初戦特有の難しい試合になったと思います。まずは勝ったことが、今日の試合で良かったことかなと」

 「ここUAEで応援してくださったサポーターの皆さん、そしてメディアを通して日本で応援してくださった皆さんに、勝利をお届けすることができてよかったです。しかしながら、内容的には攻守ともにすべて(のレベル)を上げていかないといけないというところ。次の試合への課題としていきたいと思います」

 そして、前半でリードされた要因としてコンディション調整を挙げている。

 「まずはコンディションの部分で、振り返ってみるとやるべきことがあったのではないかという反省は、もう一度スタッフとして、監督としてやっていきたいと思います。暑さの部分は、一度(午後)4時から公式練習して、3時ではないですが熱い試合になることでの準備はできていたと思います」

 「国内組と海外組、合流がいつなのかという部分で個々に対応していったところで、最終的にコンディションを合わせるところに難しさがあった。そこはある程度覚悟していたところではあるのですが、選手たちが最後に勝利を掴み取ってくれたところは今日の良かったこととして、コンディションについては全体で詰めていきたいと思います」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. “予想通り”の苦戦を強いられた日本代表…森保監督が考える要因は?