2018.6.13 09:01

西野監督「今日出たメンバーは非常にギラギラ」

西野監督「今日出たメンバーは非常にギラギラ」

特集:
西野JAPAN
後半、2点めのゴールを決めた乾(右)とタッチする西野監督=オーストリア・インスブルック(撮影・中井誠)

後半、2点めのゴールを決めた乾(右)とタッチする西野監督=オーストリア・インスブルック(撮影・中井誠)【拡大】

 サッカーの国際親善試合、日本-パラグアイは12日、オーストリアのインスブルックで行われ、日本は4-2で勝ち、ワールドカップ(W杯)ロシア大会前最後の強化試合を白星で飾った。西野監督が就任後、3戦目での初勝利。

 日本は前半、W杯出場を逃した相手に先制点を与えたが、後半6分、18分の乾(ベティス)の2得点で逆転。3-2の試合終了間際には香川(ドルトムント)のゴールで突き放した。

 チームは13日にロシアのキャンプ地となるカザンに移動。19日にW杯1次リーグH組初戦でコロンビアと対戦する。(共同)

西野朗・日本代表監督「今日出たメンバーは非常にギラギラしていた。これからの準備が楽しみ。故障を抱えていた岡崎、香川、乾が予想以上に良いパフォーマンスを出し、連動してやれた。グループとして戦えて満足している」

植田「しっかり(守備の)組織はつくれていた。W杯に甘い試合はないので、1失点でもすれば厳しくなる。そこは改善点になる」

昌子「すごく大きな勝利。(守備で)近い人が寄せるとか、こぼれ球に必ず先に触るとか、そこはしっかりやりたい」

武藤(右サイドでチャンスメーク)「得点にもつながったので、それは良しとしたい。あとは本番でゴールを決めたい」

柴崎「前を向ける状況なら縦パスは入れるべきで、ある程度は強気にいけた。守備もオーガナイズできていた」

  • 前半、先制点を奪われ肩を落とす植田(右から2人目)=インスブルック(共同)
  • 前半、プレーする昌子源=オーストリア・インスブルック(撮影・甘利慈)
  • 前半、攻め上がる武藤=オーストリア・インスブルック(撮影・中井誠)
  • 前半、パスを出す柴崎=オーストリア・インスブルック(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 西野監督「今日出たメンバーは非常にギラギラ」