2018.6.13 08:47

日本代表の快勝に海外メディアが反応 英・老舗紙「乾の2Gで、残念な状態を脱出」

日本代表の快勝に海外メディアが反応 英・老舗紙「乾の2Gで、残念な状態を脱出」

特集:
西野JAPAN
乾貴士
日本代表の快勝に海外メディアが反応…英・老舗紙「乾の2Gで、残念な状態を脱出」

日本代表の快勝に海外メディアが反応…英・老舗紙「乾の2Gで、残念な状態を脱出」【拡大】

 日本代表は13日、パラグライと国際親善試合を行い、4-2で勝利した。この試合をイギリス『Four Four Two』が伝えている。

 ロシアW杯初戦のコロンビア戦までいよいよ残り約1週間。開幕までいよいよカウントダウンが始まる中、大会前最後の親善試合に臨んだ日本代表。前半にリードを許したものの、後半に入って乾貴士や香川真司が躍動。4-2で勝利を挙げた。

 イギリスの老舗メディア『Four Four Two』は、「日本はロシアW杯前最後の試合でパラグアイを下し、5試合続いた未勝利を終わらせた」と伝えている。

 「日本は、W杯前最後の試合でパラグアイを下し、続いた残念な状態を脱出した。イヌイが2ゴールを挙げ、4-2と勝利を取り戻した」

 「アキラ・ニシノが送り込んだ11人は、0-2と敗れたスイス戦よりも強く見えた。シンジ・オカザキがトップを務め、その下にドルトムントのシンジ・カガワが入った」

 そして、2ゴールを奪うなど躍動した乾を称賛している。

 「イヌイが後半6分に同点弾。ゴール30ヤード出前でカガワからパスを受けると前方に持ち出し、シュートを放った」

 「レアル・ベティスMFは、追加点を挙げる。カガワがボックス端でフリックしたボールを受けると、正確なタッチで蹴り込んだ」

 W杯前ラストマッチで、西野ジャパン初ゴールを含む4得点で勝利した日本代表。いよいよ、19日に初戦でコロンビア対戦する。その後24日にセネガル、28日にポーランドと激突。4年に一度の祭典で、どのような結果を残せるだろうか。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 日本代表の快勝に海外メディアが反応 英・老舗紙「乾の2Gで、残念な状態を脱出」