2018.6.12 13:54

スイス戦で打撲の日本代表・大島、別メニュー調整も「ちょっと痛いけど大丈夫」

スイス戦で打撲の日本代表・大島、別メニュー調整も「ちょっと痛いけど大丈夫」

特集:
西野JAPAN
スイス戦で打撲の日本代表・大島、別メニュー調整も「ちょっと痛いけど大丈夫」

スイス戦で打撲の日本代表・大島、別メニュー調整も「ちょっと痛いけど大丈夫」【拡大】

 「ちょっと痛いですけど、大丈夫です」

 日本代表MF大島僚太は、別メニューだった理由をただの打撲と説明。「(スイス代表戦で)相手とぶつかった時」に負傷したようだ。記者から「パラグアイ代表戦に出ろと言われたら行けるか?」と問われると、「それは分からない」としながらも、笑顔を見せた。

 チーム全体として取り組んでいる課題について質問されると、大島は「ボールを持つことだけでなく、持たれることも想定してブロックを組むなら…」と話し、「前から行き過ぎて背後を取られるなど、後ろ向きにセカンドボールを拾うよりも前向きに拾えた方が、そのまま前向きに行ける。ラインの高さはしっかり決めないといけない」と続けた。

 海外組と国内組の違いだけでなく、選手1人ひとりが違うサッカー観を持っている。そのすり合わせの難しさについて大島は以下のように語った。

 「それ(サッカー観)が自分の戦術や考え方の多くを占めていると思う。西野朗監督は選手の意見を尊重し、選手同士のコミュニケーションを大事にしている。全員が成功体験を話すことによって、1つの方向に行かないことは、もちろんあるので、そこは難しい」

 「(試合の)結果が出てから反省の時に話し合うことの方が多い」と話す大島。

 「本大会(2018FIFAワールドカップ・ロシア)はそれでは間に合わない。試合前にどうやって戦うかを、自信を持って臨めるまで話し合う必要がある」

 日本代表は12日に国際親善試合でパラグアイと対戦。そして、19日にW杯本大会でコロンビアとのグループリーグ初戦に臨む。(Goal.com)

代表メンバーへ試合日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. スイス戦で打撲の日本代表・大島、別メニュー調整も「ちょっと痛いけど大丈夫」