2018.6.1 14:12

日本代表MF香川真司「4年に1度の舞台で経験値は大事。強みにしていけたら」

日本代表MF香川真司「4年に1度の舞台で経験値は大事。強みにしていけたら」

特集:
香川真司
W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じる日本代表の香川真司=東京都港区(撮影・吉沢良太)

W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じる日本代表の香川真司=東京都港区(撮影・吉沢良太)【拡大】

 サッカー日本代表でW杯ロシア大会行きを決めたMF香川真司(29)=ドルトムント=が1日、東京都内で取材に応じた。メンバー23人の平均年齢が史上最高の28・17歳となった西野ジャパンを、経験で導く覚悟を示した。

 サポートメンバーとしてチームに帯同した2010年南アフリカ大会を含めれば3度目の大舞台。29歳は「年齢も年齢。上から数えた方が早い。この4年での経験をチームに還元したい」と表情を引き締めた。

 2月に左足首を負傷した影響もあり、5月30日のガーナとの壮行試合が232日ぶりの代表復帰戦だった。最終メンバー入りへ当落線上ともささやかれたが、ガーナ戦で復調をアピール。西野朗監督(63)から「彼の独特な感覚、センスも高まっていく」と評価を得て、2大会連続出場をつかみ取った。

 W杯経験者は約半数の11人に及ぶ。南アフリカ大会の16強、14年ブラジル大会の1次リーグ敗退と酸いも甘いも知る背番号10は「4年に1度の舞台で経験値は大事。強みにしていけたら」と語気を強めた。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 日本代表MF香川真司「4年に1度の舞台で経験値は大事。強みにしていけたら」