2018.1.10 16:36(1/3ページ)

退任を明言するハリル監督、過去には仕事選びで後悔も…

退任を明言するハリル監督、過去には仕事選びで後悔も…

特集:
ハリルJAPAN
退任を明言するハリル監督、過去には仕事選びで後悔も…

退任を明言するハリル監督、過去には仕事選びで後悔も…【拡大】

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、去就について今後どのような決断を下すのだろうか。『Goal』フランス語版の独占インタビューで、そのヒントとなる言葉を口にしている。

 ハリルホジッチは今年6月に行われるロシア・ワールドカップを最後に日本代表での冒険を終えることを明言している。次の行き先についていまだ明かしていない。「チャンピオンズリーグで優勝を目指すようなクラブを率いてみたい」と話す一方で、クラブチームと代表チームの違いを説明し、自身は後者に向いていると考えているようだ。

 「クラブの監督と代表チームの監督では大きく仕事が異なる。クラブで毎日のように選手と接するのは難しい。代表チームでは、10日間で2試合のために準備をする。完全に異なる仕事だ。より多くの集中と豊富な経験が必要とされる。とても違いがはっきりしているミッションだよ」

 「(代表チームでの仕事のほうが)私には合っていると時々思う。代表チームの合宿がない時には、オフィスで試合を分析し、細かなディテールを詰めるための作業をしている。だから、代表チームでの活動が始まったときには、すべての準備が整っている。アドリブでどうこうするのではなく、入念な準備が必要なんだ。私の仕事、そしてこれまでの経験が代表チームでの仕事には大きく役立っていると信じている」

 フランス国内のチームからトルコのトラブゾンスポル、コートジボワール代表、アルジェリア代表と様々な国やチームで指揮を執ってきたハリルホジッチ。多くの決断を下してきた一方で、後悔することもあったようだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 退任を明言するハリル監督、過去には仕事選びで後悔も…