2017.5.19 05:02

小川×久保“コンビネーションOK”!U-20日本、南ア戦へ1時間半練習

小川×久保“コンビネーションOK”!U-20日本、南ア戦へ1時間半練習

特集:
U-20代表
ハングルで「感動の舞台!」などと書かれた看板をバックに汗を流すU-20日本代表 (共同)

ハングルで「感動の舞台!」などと書かれた看板をバックに汗を流すU-20日本代表 (共同)【拡大】

 サッカー・U-20日本代表韓国合宿(18日、水原)U-20(20歳以下)W杯(20日開幕)に出場するU-20日本代表は、1次リーグ第1、2戦が行われる当地で約1時間半の練習を行った。ミニゲームなどに取り組み、21日の1次リーグD組第1戦の南アフリカ戦に向けて調整した。

 ミニゲームは1対1から4対4、7対7と徐々に人数を増やして行い、選手たちに高い負荷を掛けた。FW小川航基(19)=磐田=は「南アフリカ戦で切れを出すためのメニュー。しっかりと自分と向き合ってやった」と、韓国で行った2日目の練習を振り返った。

 15歳でメンバー入りしたFW久保建英(たけふさ)=FC東京U-18=とのコンビネーションも上々。小川は12日の練習試合(対J1磐田)、15日の国際親善試合(対ホンジュラス)と国内で行った実戦で2戦連発と好調を維持する。

 同じ宿舎で過ごす南アフリカの選手たちは屈強な体格をしているそうで、小川は「やりがいがある」と対戦を心待ちにした。

南アフリカについてDF冨安健洋(福岡)「試合中に1対1はあると思うが、びびっていてはいけない。かかってこいという気持ちで臨みたい」

試合日程へ代表メンバーへ

  • サッカーU-20W杯を前に調整する市丸(左)と小川=水原(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 小川×久保“コンビネーションOK”!U-20日本、南ア戦へ1時間半練習