2021.5.4 17:25

姫野がスーパーラグビー新人賞選出「飛び跳ねるほどに嬉しく、自分の誇り」

姫野がスーパーラグビー新人賞選出「飛び跳ねるほどに嬉しく、自分の誇り」

ブルース戦でタックルを受けるハイランダーズの姫野=ダニーディン(ゲッティ=共同)

ブルース戦でタックルを受けるハイランダーズの姫野=ダニーディン(ゲッティ=共同)【拡大】

 スーパーラグビー(SR)でニュージーランドのハイランダーズに所属する日本代表NO・8姫野和樹(26)が4日、同国のチームによる大会「アオテアロア」の新人賞に選出された。この日、自身のSNSを更新した姫野は「評価をして貰えるのは本当に飛び跳ねるほどに嬉しく、新人賞貰えたことは自分の誇り」(原文ママ)などと思いをつづった。

■NZチームと契約で新人選手扱いに

 SRは、南半球の強豪国ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカに拠点を置くチームが争う世界最高峰のリーグ。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨季からニュージーランド5チームによる国内大会として開催されている。日本代表キャップ17を持つ姫野だが、ニュージーランドのチームと契約した新人選手と見なされた。

■得意のジャッカル何度も披露

 同大会では毎節のパフォーマンスで新人を3~1の得点で採点。姫野は最終節で最高の3得点を獲得して計11得点とし、2位の選手を1点上回っての受賞となった。

 新型コロナウイルスの影響で合流は遅れたが、姫野は全8試合中5試合に出場し、4試合で先発。得意のジャッカル(倒れた相手からボールを奪うプレー)を何度も披露し、1トライも記録した。チームは3勝5敗の4位だったが、存在感を示していた。

姫野 和樹(ひめの・かずき)

1994(平成6)年7月27日生まれ、26歳。名古屋市出身。中学2年でラグビーを始め、愛知・春日丘高(現中部大春日丘高)1、2年時に花園出場。帝京大を経てトヨタ自動車に入り、1年目で主将となる。2017年7月のオーストラリア戦で初キャップを獲得し、19年W杯は全5戦に先発するなど日本代表通算17キャップ。187センチ、112キロ。