2020.3.4 05:01

サンウルブズ練習生・箸本、明大新主将に “FWの核”1年から活躍するLO

サンウルブズ練習生・箸本、明大新主将に “FWの核”1年から活躍するLO

 関東大学ラグビー対抗戦の強豪・明大は3日、LO箸本龍雅(はしもと・りゅうが、3年、東福岡)を新主将に選んだと発表した。

 188センチ、106キロの箸本は1年からFWの核として活躍し、2年では22大会ぶりの全国大学選手権優勝に貢献。東福岡高時代は2年連続で高校日本代表に選ばれ、3年では主将として全国制覇に導いた。明大でも1、2年時にU-20(20歳以下)日本代表入りした。

 現在、スーパーラグビーのサンウルブズに練習生として参加しており、「春はチームを留守にすることが多くなるが、他の4年生がリーダーとなって頑張ってくれると思う。明大はFWが生命線なので、そこにはこだわっていきたい」と、今年1月にライバル早大に奪われた大学日本一奪回へ意欲を見せた。

 副将はLO片倉康瑛(3年、明大中野)、SO山沢京平(3年、深谷)の2人が務める。