2019.12.2 05:04(1/3ページ)

明治、21年ぶり全勝Vでラグビーイヤー締めた!5Tで早稲田を圧倒/関東対抗戦

明治、21年ぶり全勝Vでラグビーイヤー締めた!5Tで早稲田を圧倒/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
トライを決めた主将の武井(左)に仲間が駆け寄って大喜び。明大は21年ぶりの全勝優勝を達成した(撮影・福島範和)

トライを決めた主将の武井(左)に仲間が駆け寄って大喜び。明大は21年ぶりの全勝優勝を達成した(撮影・福島範和)【拡大】

 関東大学対抗戦(1日、秩父宮)全勝対決を制した! 昨季大学王者の明大が早大との最終戦に36-7で快勝。7戦7勝で2015年以来、4年ぶり17度目(リーグ戦と分かれる前を含めると31度目)の優勝を遂げた。単独優勝は全勝した1998年以来21年ぶり。OBの日本代表SO田村優(30)=キヤノン=も見守る中、主将のHO武井日向(ひなた、4年)の2トライなどで早大を圧倒し、定期戦での通算成績を39勝2分け54敗とした。大学選手権2連覇へ、重戦車が突き進む。

 明大の紫紺旗がラグビーの聖地・秩父宮になびいた。1994年以来25年ぶりとなった早明の全勝対決は明大が圧倒。他校と勝敗が並んでの同率優勝ではなく、単独での頂点は21年ぶりだ。

 「伝統の一戦なのでチームとして楽しみにしていた。プレッシャーに負けずに戦えたのは、チームの成長を感じる」

 計5トライの快勝で27-31で敗れた昨年のリベンジを果たし、HO武井主将が胸を張った。

 日本が初の8強入りを果たしたW杯の興奮が冷めず、チケットは早々に完売。入場を待つファンの長い列ができたため、正午予定の開門は20分早まった。スタンドは2万2987人の大観衆で埋まるなか、「重戦車」と称される明大伝統の強力FWが威力を発揮した。

 前半17分にラックからLO箸本が持ち出して先制トライ。後半2分と8分には武井が連続トライを挙げた。主将のSH斎藤らタレント豊富な早大を相手に往年の輝きを取り戻し、田中監督は「やっぱりFWじゃないですか」と称賛した。

【続きを読む】

  • 明大フィフティーンは2万人超で埋まったスタンドのファンとともに、優勝の喜びに浸った
  • NHKのテレビ中継で解説を務めた田村。後輩のプレーを真剣な表情で見守った(撮影・山田俊介)
  • 前半、ペナルティゴールを決める明大・山沢京平=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半、先制トライを決める明大・箸本(中央)=秩父宮
  • 後半、トライを決める明大・山村知也=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 後半、トライを決める明大・武井日向(下)=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 後半、トライを決めた安昌豪(手前)を祝福する武井日向(中央)ら明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 早大に勝利し、スタンドにあいさつする明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 記念写真に納まる明大フィフティーン。全勝対決を制し、満面の笑みが並んだ(撮影・山田俊介)
  • 関東大学ラグビー・対抗戦勝敗表