2019.9.11 05:00

【ラグビー豆知識】キャップ

【ラグビー豆知識】

キャップ

特集:
ラグビー豆知識

 国・地域の代表戦「テストマッチ」の出場回数を表す単位。帽子(キャップ)を贈った英国の習慣に由来し、日本協会は代表ジャージーの色に合わせた赤白の帽子を初出場選手に渡す。宝飾や記念品を手掛ける1879年創業の「天賞堂」(東京都中央区)が製作する特注品だ。

 初出場以後は出場5回ごとに1つ、帽子に縫い付ける星形のワッペンが贈られる。日本初のキャップ対象試合は、1930年のブリティッシュ・コロンビア戦(バンクーバー)。日本代表で歴代最多は大野均(東芝)の98キャップ。世界最多はニュージーランドのリッチー・マコウ元主将の保持する148キャップ。