2019.6.12 20:23

理事候補に森氏、清宮氏ら 日本ラグビー協会理事会

理事候補に森氏、清宮氏ら 日本ラグビー協会理事会

 日本ラグビー協会は12日、東京都内で理事会を開き、新会長に就任することが見込まれている森重隆副会長や早大、サントリーなどで監督を務め、新副会長に就く見通しの清宮克幸氏ら24人の理事候補を承認した。29日の評議員会で正式決定し、役職は同日の理事会で決める。任期は2年。

 7人制男女日本代表の強化を統括する岩渕健輔総監督が専務理事に就任する方針で、現職を兼任するかは未定。現在の副会長は4人が退き、理事候補の24人は全員が70歳未満となった。11人が新任。女性は前外務省研修所長の斎木尚子氏らで2人から5人に増える。

 5億円超の黒字となる2018年度決算を承認し、収入は過去最高の約66億円、支出は約60億6000万円だった。黒字は3年連続。