2018.9.14 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】30日に医学部生対決 筑波大・FL中田Vs慶大・SO古田

【乾坤一筆】

30日に医学部生対決 筑波大・FL中田Vs慶大・SO古田

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆

 関東大学ラグビー対抗戦の強豪・筑波大で、今季初戦の早大戦(9日、埼玉・セナリオハウスフィールド三郷)に背番号6のFLで出場したのが2年生の中田都来だ。出身は超難関校の灘高(兵庫)。所属は医学専門学群、つまり医学部生だ。

 名前の読み方はもちろん「とらい」。父・孝成さんが関大OBのラガーマンで、母・勢津子さんは淡路島で内科医をしている。自身も5歳から西神戸RSでラグビーを始め、灘中-灘高と進み、昨春筑波大に入学した。

 「医師になりたかったのに加え、強いところでラグビーをしたかった。筑波大では20~30年ぶりの医学専門学群の部員らしいです」

 受験勉強に入ったのは高3の夏休みを過ぎてから。それでいてセンター試験で900点満点中851点を取ったという。高校でSO、大学1年ではCTBだったが、今年1月に周囲の勧めもあってFLに転向。GPSの測定値がFWでNO・1を記録する運動量と、転向後に体重を6キロ増やした1メートル75、93キロの体で、突破役としても機能。春季大会は全5試合にフル出場した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 大学ラグビー
  4. 【乾坤一筆】30日に医学部生対決 筑波大・FL中田Vs慶大・SO古田