2018.7.11 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】7人制W杯で8強入りに挑戦、目指すは東京五輪メダル獲り

【ラグビーコラム】

7人制W杯で8強入りに挑戦、目指すは東京五輪メダル獲り

特集:
ノーサイドの精神
7人制男子日本代表のヘッドコーチに就任した岩渕健輔氏

7人制男子日本代表のヘッドコーチに就任した岩渕健輔氏【拡大】

 【ノーサイドの精神】サッカーW杯がクライマックスを迎える中で、ラグビーの7人制男子日本代表が、次なるW杯へ準備を進める。米国・サンフランシスコで開催される7人制男女のW杯(20~22日)へ向けて合宿を続け、12日に渡米。目標に掲げる8強入りに挑戦する。

 2016年のリオデジャネイロ五輪では、メダルこそ逃したが4位。国際大会で日本ラグビー界最高の成績を残した。今回のW杯は、2年後の東京五輪へ向けた試金石になる。

 チームを率いるのは、6月に就任したばかりの岩渕健輔ヘッドコーチ(42、HC)。リオデジャネイロ五輪前から7人制の強化責任者となり、リオ4位の瀬川智広HC、その後任で、W杯出場、ワールドシリーズ昇格を果たした元7人制ニュージーランド代表選手のダミアン・カラウナHCの人事(退任)に直接関わった立場上、結果が求められることになる。

 五輪4位を遂げた瀬川HCの続投を認めなかった日本協会強化部門の判断は(1)結果的にメダルを取れなかった(2)この結果以上を納めるためには瀬川体制以上のコーチングが必要-という判断だった。今回のW杯の目標が“8強以上”というのは随分謙虚だが、見据えるのは東京五輪のメダル獲り。リオ五輪から4年間の強化で、世界4位から3位以上に食い込む構想だ。

 では、現状での“リオ”からの進化はどうだろう。長らく中心選手として活躍する坂井克行(29)=豊田自動織機=は、こう指摘する。

 「サイズですね。リオ五輪では、キックオフでボールを確保できる長身選手は桑水流(裕策、コカコーラ)さん1人だったが、いまは身長1メートル90級の選手が4人いる」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. ラグビーその他
  4. 【ラグビーコラム】7人制W杯で8強入りに挑戦、目指すは東京五輪メダル獲り