2017.12.6 12:00(1/2ページ)

【ラグビーコラム】トップ5目指す3年目のサンウルブズ 発表スコッドにのぞく“本気度”

【ラグビーコラム】

トップ5目指す3年目のサンウルブズ 発表スコッドにのぞく“本気度”

特集:
ノーサイドの精神
サンウルブズに加わったリーチ マイケル

サンウルブズに加わったリーチ マイケル【拡大】

 【ノーサイドの精神】来年でスーパーラグビー(SR)参戦3年目となる日本チーム、サンウルブズの2018年スコッドの一部が発表された。契約が完了した選手が26人。今後、続々と契約がクリアし、最終的には40人余りが選ばれることになる。

 掲げられた目標が「5(GO) FOR TOP5 IN 2018」。つまり、来季中にSR5位以内に入るというものだ。初参戦した2016年が1勝、2年目の昨年は2勝しかあげられなかったサンウルブズが5位以内に入るためにはレギュラーシーズン16試合で少なくとも10~11勝、勝ち点50をあげなければ難しい。

 これを壮大な挑戦とみるか、あるいは高望みにすぎるとみるかは人によって違うと思うが、発表されたスコッドからは“本気度”がうかがえる。

 日本代表キャップホルダーは16人。そのうち11月のフランス遠征メンバーは13人。代表主将のNO・8リーチ マイケルがこれまで所属していたチーフス(ニュージーランド)を離れ、初めて加わったほか、日本開催の19年W杯までに日本代表資格を得る外国人選手も6人が加入した。LOにはクボタで活躍する2メートル1センチのグラント・ハッティングが入り、初めて2メートル超えの選手を擁することになる。

 2シーズン悩まされたスクラムでも、スクラムなら世界最強ともいえるジョージア代表で49キャップを誇るHOジャバ・ブレグバゼが、同代表から初めて加入。1年目から関わるHO堀江翔太も「彼から学ぶことはたくさんあるだろうし、2019年につながる」と歓迎した。

 BKでもヤマハ発動機で五郎丸の同僚、“ポスト五郎丸”とも呼ばれるWTBゲラード・ファンデンヒーファーが加わった。本来はFBで超ロングキックは大きな武器。19年に日本代表資格を得る一人でもあり、W杯への期待も抱かせる。

【続きを読む】

  • 日本代表のジェイミー・ジョセフHC。来年はサンウルブズを兼業する
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ラグビー
  3. 日本代表
  4. 【ラグビーコラム】トップ5目指す3年目のサンウルブズ 発表スコッドにのぞく“本気度”