スノーボード

2018.2.13 15:20

金候補の平野歩夢は予選3位で決勝進出 Sホワイトが98・50で1位 片山が5位/スノボ

特集:
平野歩夢
予選1本目を滑る平野歩夢=韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク (撮影・早坂洋祐)

予選1本目を滑る平野歩夢=韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク (撮影・早坂洋祐)【拡大】

 平昌五輪第5日(13日、フェニックス・スノーパーク)男子スノーボードハーフパイプの予選が行われ、2014年ソチ五輪の銀メダリスト平野歩夢(19)=木下グループ=は2回目に95・25点をマークし、3位で14日に行われる決勝に進んだ。1回目に87.50を記録した平野が2回目に観客を沸かせた。最初のエアは5・2メートルの高さ。縦に2回転、横に3回転半する「ダブルコーク1260」を披露したが、縦に2回転、横に4回転の大技「ダブルコーク1440」は温存した。

 日本勢は片山来夢(22)=バートン=が2回目の90・75点で5位、戸塚優斗(16)=ヨネックス=は1回目の80・00点で10位に入り、決勝進出。1回目で24位と出遅れたソチ五輪銅メダリストの平岡卓(22)=バートン=は、2回目に75・75点をマークしたが13位で、予選敗退した。

 一方、06年トリノ、10年バンクーバー両五輪の金メダリスト、ショーン・ホワイト(31)=米国=は2回目に98・50点をマークし、予選1位で決勝に進んだ。予選は29人が参加し、上位12人が通過した。

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 予選1本目を滑る平野歩夢=韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク (撮影・早坂洋祐)
  • 男子ハーフパイプ予選でエアを決める片山来夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ予選でエアを決める平野歩夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ予選でエアを決める戸塚優斗=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ予選でエアを決める戸塚優斗=平昌(共同)
  • 予選1本目を滑る平岡卓=韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク (撮影・早坂洋祐)
  • 男子ハーフパイプ予選でエアを決める平岡卓=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ予選でエアの着地で尻もちをつく平岡卓=平昌(共同)
  • 予選1本目を滑る戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)
  • 予選1本目を滑る平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)
  • 予選1本目を滑る片山来夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)
  • エアを決める平岡卓。13位で落選した=平昌(共同)