2020.10.17 20:42

稲見とペ・ソンウ、2週連続でV争い/国内女子

稲見とペ・ソンウ、2週連続でV争い/国内女子

笑顔の稲見萌寧=千葉市緑区の東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)

笑顔の稲見萌寧=千葉市緑区の東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)【拡大】

 富士通レディース第2日(17日、千葉・東急セブンハンドレッドC西C=6659ヤード、パー72)前週優勝の稲見が3打差の4位につけ、浅井とともにプレーオフで敗れたペ・ソンウも3位におり、2週連続で優勝争いに絡む展開となった。

 3バーディー、4ボギーの73で前日の2位から後退した稲見は「しんどいコンディションで耐えるしかなかった。最終日は様子をうかがいながら、後半伸ばしたい」と逆転による2週連続優勝に意欲的だった。

 5バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの73だったペは「天気は回復するだろうし、攻撃的なプレーをしようと思う」と気合を入れ直した。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2日、ティーショットを放つペ・ソンウ。通算3アンダーで3位=東急セブンハンドレッド
  • ティーショットを放つ浅井咲希。5アンダーで単独首位=千葉市緑区の東急セブンハンドレッドクラブ西コース(撮影・戸加里真司)
  • 2番ティーショットを放つ稲見萌寧=千葉市緑区の東急セブンハンドレッドクラブ西コース(撮影・戸加里真司)