2020.5.29 05:00

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】名神竜王カントリー倶楽部 フラットで雄大、豪快かつ繊細

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】

名神竜王カントリー倶楽部 フラットで雄大、豪快かつ繊細

特集:
コースNAVI
2度の池越えが待っている18番。ミスが許されない

2度の池越えが待っている18番。ミスが許されない【拡大】

 「名神竜王カントリー倶楽部」(滋賀県甲賀市)は、フラットで雄大なゴルフ場だ。赤松で囲まれたコースには大小さまざまな池が広がり、景観も美しい。阪神タイガースOBの上田二朗氏(本紙専属評論家)が、広々としたフェアウエーに向けて豪快ショットを連発した。

 「水と森のコース」がコンセプトの名神竜王CCは、その言葉通り美しい景観がゴルファーを歓迎してくれる。丘陵地にある林間コースで、フラットな恵まれた地形に18ホールを展開。樹齢を重ねた赤松に囲まれながら、のびのびとしたプレーが楽しめる。

 ティーイングエリアに立てば、目の前には十分に幅があるフェアウエーが広がる。OB杭はほとんど気にならず、ストレスなくティーショットが打てるのがうれしい。

 上田氏は1番(パー4)でいきなり魅せた。2打目をピン奥8メートルに乗せると、長いパットを沈めてバーディー発進。最高のスタートに、どや顔だ。続く2番(パー4)はアプローチを寄せてパーセーブ。ナイスプレーに気持ちも乗ってくる。

 ただ雄大なだけではない。フェアウエーには自然のうねりが走り、木立も点在。ティーショットを狙ったところにしっかり打つ技術も要求される。そして、絶妙に配置された大小さまざまな池も避けていかなければならない。

 13番(パー4)ではティーショットで270ヤードの超ビッグドライブ。しかし、グリーン手前に赤い橋がかかった池が大きく口を開けて待ち構える。上田氏は飛ばしすぎてそのわなにつかまってしまった。豪快ショット連発にも「所々に池があるのでコースレイアウトをしっかり把握しないといけないね」と反省した。

 名物は最終18番(パー4)。2度の池越えがあり、水と森のコースにふさわしいホールだ。上田氏は2打目でグリーンを外したが、アプローチで寄せてパーフィニッシュ。ラウンドを終えて「フラットで雄大だし、のびのび打てるええコースやね」とべた褒めだった。

 同CCはグリーンの状態も素晴らしい。「メンテナンスがすごくいいね。ディボット跡があまりなかった」。豪快かつ繊細に気持ちよくプレーできるコースだ。

 ★浴場の利用はシャワーのみ

 名神竜王CCは当面の間、新型コロナウイルス対策のため、浴場の利用はシャワーのみとなっている。また、スループレーにも対応可能で、プレーする服装のままでの来場もOKだ。

 ★絶品「厚切りトンカツ定食」

 名神竜王CCのおすすめランチは「厚切りトンカツ定食」(1500円)。キャベツの上にどーんと乗ったトンカツに、みそとにんにくをブレンドした特製ソースをかけていただく。ご飯がすすむこと間違いなしだ。

名神竜王カントリー倶楽部

 ★所在地 滋賀県甲賀市水口町春日1616 ★開場 1974年11月 ★設計 渡辺弘 ★グリーン ベント ★アクセス 名神高速道路・蒲生スマートICから8分、竜王ICから15分 ★問い合わせ 0748・62・4387 ★姉妹コース 高槻カントリー倶楽部、大垣カントリー倶楽部

  • 13番でパッティングする上田氏。池にかかる赤い橋が印象的だ
  • 厚切りトンカツ定食