2020.4.8 05:02

マスターズは11月開催、メジャー大会の新日程発表

マスターズは11月開催、メジャー大会の新日程発表

特集:
マスターズ

 【ニューヨーク6日(日本時間7日)】新型コロナウイルス感染拡大の影響で、男子ゴルフのメジャー4大会のうち「マスターズ」など延期される3大会の新たな日程と「全英オープン」の中止が決まり、海外の選手たちはそれぞれ前向きに反応した。

 昨年の「全英」覇者、シェーン・ローリー(33)=アイルランド=は「残念だが、健康と安全を考えたら正しい判断」とツイッターで言及。11月開催が決まった「マスターズ」について、地元米ジョージア州出身のチャールズ・ハウエル(40)は「どんな形でも、ないよりはいい」と語った。

 2017年の「マスターズ」覇者、セルヒオ・ガルシア(40)=スペイン=は「今年も楽しみにしているが、今は準備を万全にするために安全な家にいます」とツイッターで明かした。

 5月の「全米プロ選手権」は8月6-9日、6月の「全米オープン」は9月17-20日、4月の「マスターズ」は11月12-15日への延期が決定。日程を調整した米ツアーなど主要7団体は共同声明で「保健局の指示に従いながら大会を開催していく」と強調した。

ツアー日程へ