2020.3.13 09:45

松山英樹がコースレコードで首位発進「パットがよかった」/米男子

松山英樹がコースレコードで首位発進「パットがよかった」/米男子

特集:
松山英樹
第1ラウンド、11番でティーショットを放つ松山英樹。9アンダーで暫定首位=TPCソーグラス(共同)

第1ラウンド、11番でティーショットを放つ松山英樹。9アンダーで暫定首位=TPCソーグラス(共同)【拡大】

 米男子ゴルフ・プレーヤーズ選手権第1日(12日、米フロリダ州ポンテベドラビーチ、TPCソーグラス・スタジアムC=7189ヤード、パー72)日没サスペンデッドとなり4人がホールアウトできなかった。6年連続出場の松山英樹(28)=LEXUS=は1イーグル、8バーディー、1ボギーでコースレコードタイの9アンダー63で回り、暫定首位。

 最終9番(パー5)でピン右7メートルのイーグルパットを沈めた松山がガッツポーズ。史上9人目のコース記録63をたたき出した。

 「コースレコード? なんかよかったですね。ドライバーショットは1回しかいい当たりがでなかった。パットがよかった」

 快晴のもとで10番(パー4)から4連続バーディー発進。アウトに入っても5番(パー4)から3連続と怒濤(どとう)のバーディーラッシュだった。

 前週「アーノルド・パーマー招待」最終日からいろいろと試し、今週に入っても3時間の猛特訓で初日を迎えていた。暫定ながらも首位に立ち、「いいプレーができるように頑張りたいです」と無観客開催となる第2日以降も歓声のないコースで黙々と頂点を目指す。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、11番で第3打を放つ松山英樹。9アンダーで暫定首位=TPCソーグラス(共同)
  • 第1ラウンド、17番でティーショットを放つ松山英樹。9アンダーで暫定首位=TPCソーグラス(共同)
  • 第1ラウンド、12番でラインを読む松山英樹。9アンダーで暫定首位=TPCソーグラス(共同)
  • 7番でバーディーパットを決めた松山英樹。9アンダーで暫定首位に立った(AP)