2020.3.11 05:00(1/2ページ)

【こんなに役立つ! 練習器具のトリセツ】アライメント・ガイド・システムで正しくセットアップ

【こんなに役立つ! 練習器具のトリセツ】

アライメント・ガイド・システムで正しくセットアップ

〇ボールの位置は中央か左足寄り

〇ボールの位置は中央か左足寄り【拡大】

 練習器具ってどう使う? プロゴルファーの北川祐生(29)=取手国際GC=が解説する「こんなに役立つ! 練習器具のトリセツ」の第4回は、プロゴルファーのように常に安定したショットを打つためのポイントを紹介。練習器具を使ってスクエアスタンス、足幅、ボール位置と打つ前の準備ができれば、スイングも良くなることが期待できます。 (取材構成・伝昌夫、協力・取手国際GC)

 うまく打てたかと思えば、次はミスショット。同じようにクラブを振っているつもりでも、ショットが毎回違ってしまうのはなぜでしょう?

 スイングが原因とは限りません。まずはセットアップを確認しましょう。ターゲット方向にスタンスやクラブフェースが向いているか、ボール位置が微妙にズレていないか。正しいセットアップができなければ、ショットが乱れて当然です。

 常に正しいアドレスを取れればスイングも毎回安定し、上達の“早道”にもなります。アドレスをターゲット方向に構えられるように棒やアイアンを地面に置くやり方もありますが、スタンス幅やボールの位置も含めてショットラインに対してスクエアに構えることを促してくれる練習器具が「アライメント・ガイド・システム」です。3本の黄色スティックと黒色ジョイントパーツのセット次第で、スクエアなセットアップが取れます。

 ショットラインに対して平行に置いたスティックが、スクエアスタンスに導きます。さらにジョイントパーツ2個を両足つま先前にセットすれば、毎回同じスタンス幅とそれに適したボール位置でショットできるのです。

【続きを読む】

  • 〇ボールの位置は中央か左足寄り
  • 〇コッキングが解けた地点がインパクト
  • 〇スムーズに体が回転。しっかりボールをとらえられる
  • ×ボールの位置が右足寄り
  • ×ダウンブローで上方から振り下ろすと体の回転が止まり上体が浮き上がったり手元だけが先行したりする
  • ショットのアドレス
  • パッティングのアドレス
  • アライメント・ガイド・システム
  • アライメント・ガイド・システムを持つ北川祐生