2020.3.8 09:46

松山英樹、53位に後退「気持ちがちょっと切れてしまった」/米男子

松山英樹、53位に後退「気持ちがちょっと切れてしまった」/米男子

特集:
松山英樹
第3ラウンド、通算6オーバーの松山英樹=ベイヒル・クラブ(共同)

第3ラウンド、通算6オーバーの松山英樹=ベイヒル・クラブ(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は7日、フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で第3ラウンドが行われ、17位で出た松山英樹は4バーディー、8ボギー、2ダブルボギーの80と崩れ、通算6オーバー、222の53位と後退した。

 ティレル・ハットン(英国)が73で回り、通算6アンダーで首位を守った。2打差でロリー・マキロイ(英国)とマーク・リーシュマン(オーストラリア)が並んだ。(共同)

松山英樹の話「出だしで三つボギーを打って、そこから思うようにスコアにつなげられず、最後の方は気持ちがちょっと切れてしまった」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3ラウンド、6番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算6オーバー=ベイヒル・クラブ(共同)
  • 第3ラウンド、9番でラインを読む松山英樹。通算6オーバー=ベイヒル・クラブ(共同)