2020.2.26 05:00(1/2ページ)

【こんなに役立つ! 練習器具のトリセツ】斜めでスエー防止

【こんなに役立つ! 練習器具のトリセツ】

斜めでスエー防止

かかと体重の構えによってスエーしやすい場合は「つま先」側だけを器具に乗せてみましょう。

かかと体重の構えによってスエーしやすい場合は「つま先」側だけを器具に乗せてみましょう。【拡大】

 練習器具ってどう使う? プロゴルファーの北川祐生(29)=取手国際GC=が解説する「こんなに役立つ! 練習器具のトリセツ」の第2回は、バックスイングで起こりやすいスエーを防止するアイテムを紹介。応用編では“北川流”の使い方も伝授。悪癖を一気に解消して、パワーロスのない力強いショットへと導いてくれます。(取材構成・伝昌夫、協力・取手国際GC)

 いきなりですが、スイングの基本って何でしょう? それは、アドレス位置にクラブヘッドを振り戻すことです。

 バックスイングやダウンスイングにかけて体が上下動したり目線が動いたりすると、インパクトでアドレス位置にクラブヘッドを戻すことが難しくなります。要するに、体の無駄な動きを取り除けば「アドレスを再現」するインパクトフォームを取ることができます。

 ツアー転戦中、キャディーバッグにいつも入れている練習器具が「スエー・プロテクター(SWAY PROTECTOR)」。傾斜があり、日用品での代替えが困難な優れものです。右足を乗せて足裏全体で踏み込むようにしてショット練習すると、この器具の斜め形状によってバックスイングの際に右膝が右方向(アドレス時よりも外側)へ動くことがありません。右膝をアドレス位置に固定でき、右脚に体重を乗せられる。スイングリセット(修正)用として重宝しています。

 バックスイングで右脚に体重を乗せるには、右脚内側の筋肉を使って踏ん張り右足、右膝をアドレス位置にとどめながら体重を移動しなければいけません。その正しいバックスイング感覚を体感でき、右足の踏み込みによって体の上下動も抑えられます。バックスイングでクラブを振り上げようとするあまり、体(右腰)が伸び上がってオーバースイングになったり、左足に体重が残ったりする悪癖も矯正できる効果もあります。

 この器具は両足親指の付け根部分(母指球)に体重を乗せるアドレスが基本ですが、応用編としてお勧めなのは右足つま先部分あるいは右足かかと部分だけを乗せてショットするドリルです。

【続きを読む】

  • かかと体重の構えによってスエーしやすい場合は「つま先」側だけを器具に乗せてみましょう。※かかと体重だと右ひざが右に流れやすくなる
  • スエーすると右ひざと頭の位置が体の右側に移動してしまう
  • 右脚にしっかり体重が乗ってスエーしてない正しいバックスイング
  • つま先体重の構えによってバックスイング中に頭が下がってしまうなら「かかと」側だけを
  • つま先体重の構えによってバックスイング中に頭が下がってしまうなら「かかと」側だけを※右足つま先に体重が乗って、頭が下がっている
  • スエー・プロテクター
  • スエープロテクターを持つ北川祐生