2020.1.22 05:02(1/2ページ)

【西村優菜の私はこれでプロになりました】アプローチ編 テークバックで右の人と、フォローで左の人と握手!

【西村優菜の私はこれでプロになりました】

アプローチ編 テークバックで右の人と、フォローで左の人と握手!

右にいる人と握手するようにテークバック

右にいる人と握手するようにテークバック【拡大】

 昨年のプロテストに一発合格した西村優菜(19)=フリー=によるレッスン連載「ミレニアム世代・西村優菜の私はこれでプロになりました」の第2回は、アプローチ編です。力を抜いて体を回すことがポイント。初心者向けの基本から上級者向けの応用まで、分かりやすく解説します。 (取材構成・白石大地、協力・ゴルフアカデミー中島、花屋敷GCよかわコース)

 実は私、アプローチはあまり得意ではないんです。プロとしての課題の一つで、これから一生懸命練習しないといけませんが、とにかく力を抜くことを意識しています。アプローチではクラブの重みを感じながら打つことを心がけています。

 アマチュアの方で、力が入りすぎている人をよく見かけます。力が入ると手首が柔らかく使えなくなるので、腕の力で打つことになってしまいます。無理に振ろうとして打点がバラバラになり、トップやダフりにつながります。

 右脇が開いた状態でテークバックしている人もいます。右脇が開くとダウンスイングでクラブヘッドがかぶってくるので、ボールの手前にささってしまうこともあります。結局、力が入りすぎているのだと思います。6、7割の力でグリップを握るようにした方がいいですね。

 アプローチのポイントは力を抜くこと、手打ちにならないように体を回すことです。クラブヘッドが落ちるタイミングと体の回転を合わせる意識でやっています。両隣の真横に人がいて、テークバックで右の人と、フォローでは左の人と握手するイメージがありますね。本当にシンプルな動きです。

【続きを読む】

  • アプローチのインパクト
  • フォローでは左の人と握手する感じ
  • 右脇が開くとボールの手前にささってしまう
  • 右脇が開くとボールの手前にささってしまう
  • インパクトの位置、溝を多く使えスピンがかかるヒール側が〇
  • インパクトの位置、使える溝が少なくスピンがかかりにくいトゥ側は×