2019.12.11 05:00(1/2ページ)

【最新ゴルフはソコが鍵!】パターとストロークの関係

【最新ゴルフはソコが鍵!】

パターとストロークの関係

両肩とパターソールを結んだ大きな三角形を喉もの支点で振り子運動させるのがパット

両肩とパターソールを結んだ大きな三角形を喉もの支点で振り子運動させるのがパット【拡大】

 進化し続けるクラブに適応したスイング理論で人気のインドアスクール「オンワードゴルフアカデミー」(東京・世田谷区)のディレクタープロ、向江寛尚氏(47)が教える「最新ゴルフのソコ(底)が鍵!」。今回から2回に分けてパターについてレッスンします。第1弾はパターとストロークの関係を解説します。 (取材構成・伝昌夫、協力・オンワードゴルフアカデミー)

 最新のパット理論を2回にわたってレッスンします。今回は、方向性の鍵となるストロークと軌道についてです。

 まずは、理想的なボールの転がり方を理解しましょう。打ち出した際の(1)「トップ(順)回転」(2)打ち出し時はスリップし、その後順回転する「ニュートラル回転」(3)「バック(逆)回転」-の3種類に大別されます。このうちパットラインに乗って安定した距離感をもたらすのが「ニュートラル回転」です。

 パットが安定しないゴルファーの多くは、ニュートラル回転のボールを打てていません。原因は打ち方以前に、パターヘッドの動かし方=ストロークのイメージの持ち方に問題があります。

 アドレスでパターヘッドのトップラインを注視すると、インパクトでもスクエアに戻して打とうとしていませんか。ショットに例えるなら、ダウンブローでボールを打ち出すのと同じです。パターのロフト角は、ほぼ3度設定。するとボールはバック回転で打ち出されて距離感が一定しません。

 フェアウエーウッド編でレッスンしたように、パットでもソール部を振り子のようにストロークしてください。両肩とソール部を結んだ三角形を、グリップエンドではなく喉もとを支点にして、大きな円弧での振り子運動でソール部を動かしましょう。

【続きを読む】

  • ソール部を意識してストロークすればレベル(水平)に振りやすくなる
  • トップラインを意識するとダウンブローになる
  • 向江寛尚氏