2019.11.14 05:04(1/3ページ)

8年ぶり大学生!円角有希がぶっちぎりV、7人首位の混戦からイッキ5打差/サンスポ女子アマ

8年ぶり大学生!円角有希がぶっちぎりV、7人首位の混戦からイッキ5打差/サンスポ女子アマ

優勝カップを掲げる円角(中央)。2位に並んだ7人に囲まれながら、149センチが大きな輝きを放った

優勝カップを掲げる円角(中央)。2位に並んだ7人に囲まれながら、149センチが大きな輝きを放った【拡大】

 TOMAS CUP第36回全日本サンスポ女子アマゴルフ選手権最終日(13日、静岡カントリー浜岡コース&ホテル高松コース=6358ヤード、パー72)首位に並んで出た円角(えんかく)有希(20)=岐阜・中部学院大3年=が4バーディー、2ボギーの70で回り、ただ一人のアンダーパーとなる通算4アンダーで初優勝した。初日に7人が首位に並んだ混戦から抜け出し、2位に5打差をつける圧勝劇。大学生の優勝は2011年大会以来、8年ぶりとなった。円角は来年の「フジサンケイレディスクラシック」本戦出場権を獲得した。

 149センチと小柄な円角が、大きな存在感を放った。2日連続の70で、参加96人中ただ一人のアンダーパー。近年は10代の優勝が続いていたが、2011年大会の岩周(いわちか)里紗以来の大学生Vを果たした。

 「ホッとしました。めちゃくちゃうれしいし、ドキドキしてます」

 最終組の円角は出だしの3ホール連続でショットを曲げたが、粘ってパーセーブ。4番(パー3)で5メートルのバーディーパットを沈めて流れに乗った。11番(パー5)でダブルボギーをたたくも12、17番で取り返した。強風で多くの選手がスコアを崩す中、安定したプレーで独走した。

【続きを読む】

  • 大学での鍛錬により伸びた飛距離を武器に圧勝した(撮影・戸加里真司)