2019.11.13 05:04(1/4ページ)

桑木、大混戦7人並んだ首位発進!渋野先輩に続け「スマイルクイーンになる」/サンスポ女子アマ

桑木、大混戦7人並んだ首位発進!渋野先輩に続け「スマイルクイーンになる」/サンスポ女子アマ

特集:
渋野日向子
首位発進した桑木。渋野に続いて“岡山勢”が女子ゴルフ界を席巻だ (撮影・戸加里真司)

首位発進した桑木。渋野に続いて“岡山勢”が女子ゴルフ界を席巻だ (撮影・戸加里真司)【拡大】

 TOMAS CUP第36回全日本サンスポ女子アマゴルフ選手権第1日(12日、静岡カントリー浜岡コース&ホテル高松コース、6385ヤード、パー72)桑木志帆(16)=岡山理大附高2年=が3バーディー、1ボギーの2アンダー70で回り、首位発進した。同じ岡山出身で親交がある渋野日向子(20)=RSK山陽放送=のメジャー制覇に刺激を受け、頂点を目指す。他に池羽陽向(ひなた、17)=宇都宮文星女子高2年、水木春花(17)=大分高3年=ら計7人が首位に並ぶ大混戦となった。

 快晴微風の穏やかな環境の中、桑木が安定したショットを武器に首位に立った。

 「きょうのプレー? ぼちぼちです。いい感じで振れるようになって、ショットはよかった」

 アウトから出て、2番(パー4)で5番アイアンの2打目を大ダフりでボギー。それでも笑顔で気持ちを切り替えると、5番(パー5)でグリーン手前バンカーからの3打目を30センチにピタリ。6番(パー4)も3メートルをきっちり沈めて連続バーディー。15番(パー4)でも3つ目のバーディーで7人が並ぶ大混戦の首位グループに入った。

 前日11日の練習ラウンドではショットが乱れ、不安だらけだった。ラウンド後の練習場で、スタンスが右を向いていることに気づいた。しっかりスタンスを目標方向に向けることを心がけて、方向性が安定した。

【続きを読む】

  • 2015年大会で4位に入った際の渋野
  • ドライバーを構える、首位タイの桑木志帆(岡山理大附高)=静岡県御前崎市の静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会、第1日目、ティーショットを放つ、首位タイの円角有希=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会、第1日目、ティーショットを放つ、首位タイの鈴木優芽=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会、第1日目、ティーショットを放つ、首位タイの市村杏=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会、第1日目、パットを放ち、ボール位置を確認する森愉生=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会、第1日目ティーショットを放つ、首位タイの池羽陽向=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会、第1日目、ティーショットを放ち、笑顔で打球の行方を見つめる神谷そら=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会、第1日目、別所あにか(右)とタッチをかわす神谷そら=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会、第1日目笑顔をみせる首位タイの神谷そら=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)
  • 決勝大会第1日目、首位タイの神谷そら=静岡カントリー浜岡コース高松コース(撮影・戸加里真司)