2019.5.10 05:00(1/3ページ)

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】丹波の自然満喫!ジャパンビレッジGC

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】

丹波の自然満喫!ジャパンビレッジGC

特集:
コースNAVI
右ドッグレッグの東6番でティーショットをする八木氏。山々に囲まれた自然の中に戦略性が潜む

右ドッグレッグの東6番でティーショットをする八木氏。山々に囲まれた自然の中に戦略性が潜む【拡大】

 兵庫・丹波篠山市のジャパンビレッジゴルフ倶楽部は、雄大な自然を活かした東・西・南3コース計27ホールで構成。このコーナーでおなじみの阪神タイガースOBの上田二朗氏(サンケイスポーツ専属評論家)のホームコースに、八木裕氏(同)が挑戦だ。

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、戦国武将の明智光秀が「丹波攻略」を行った地でもある兵庫・丹波篠山市。その雄大な自然を活かしたジャパンビレッジGCは、この企画でおなじみの上田さんのホームコース。まさに“上田城”に、八木さんが討ち入りだ。

 「二朗さんのホームだけど、何度か回ったことある。全体的にフラットで、池やクリークが効いている印象だよね」

 大阪市内から約1時間。舞鶴若狭自動車道を経由して、三田西ICから15分でコースに到着。クラブハウス横には石垣で囲われた“お堀”があり、その横には今年4月に新たにアプローチ&バンカー練習場ができたばかり。グリーン周りを、たっぷり練習してからスタートできるようになった。

 緑豊かな山々に囲まれたコースは、東・西・南の27ホール。数々の名門を手がけた小林佑吉氏の設計で、全体的にフラットながら戦略性豊か。池やクリーク、バンカーが巧みに配されていて、メリハリの効いたコースデザインとなっている。この日はレギュラーティーで、東コースからスタートした。

【続きを読む】

  • 池を配した東6番のグリーンでパッティングをする八木氏
  • ジャパンビレッジ、アプローチ練習場
  • ジャパンビレッジ、かつ重
  • 八木裕氏