2018.11.8 05:03

石川遼ブッ飛び!“飛ばし屋”吉田沙保里に「びっくり」/国内男子

石川遼ブッ飛び!“飛ばし屋”吉田沙保里に「びっくり」/国内男子

特集:
石川遼
石川はプロアマ戦で同組となった吉田からパワーを得て、“金メダル”取りだ(撮影・高橋朋彦)

石川はプロアマ戦で同組となった吉田からパワーを得て、“金メダル”取りだ(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 男子ゴルフの「三井住友VISA太平洋マスターズ」は8日から4日間、静岡・太平洋C御殿場C(7262ヤード、パー70)で開催される。7日はプロアマ戦が行われ、2010、12年大会覇者の石川遼(27)=CASIO=は同組となったレスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里(36)からパワーを吸収。大会最多に並ぶ3度目の優勝を狙う。

 金メダリストのスイングに、石川が舌を巻いた。

 「体幹と、強靭(きょうじん)な背筋が備わっていないとあそこまで飛ばせない。飛んで曲がらない感じ。びっくりしました」

 力強いスイングを見せたのは、プロアマ戦で同組だった吉田沙保里。高校の授業をきっかけにゴルフを始め、ベストスコアは87という。この日は18番(パー5)で216ヤード飛ばし、アマ女子の部でドラコン賞を受賞した。

 石川自身も16番(パー4)でイーグル。この大会では2010年と12年に優勝し、11年大会では優勝こそ松山英樹(26)=LEXUS=に譲ったが、17番(パー3)ではホールインワンを達成している。

 「(松山)英樹が出ると雰囲気が違う。優勝争いしたい気持ちをいつにも増して感じている」。松山不在の昨年大会は予選落ちだった石川が、“霊長類最強女子”の刺激を受けて6年ぶりの優勝へひた走る。(川並温美)

吉田沙保里「楽しいゴルフをしながら、いいスコアが出せた。(石川と)久しぶりにお会いして、さらにいい大人になったかなと思います」

ツアー日程へ

  • ティーショットを放つ吉田沙保里。後方は同組の稲村亜美、石川遼、武井壮
  • プロアマでプレーを楽しむ(右から)石川遼、稲村亜美、吉田沙保里、武井壮=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • プロアマでティーショットを放つ石川遼=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • プロアマでプレーを楽しむ石川遼は、吉田沙保里とハイタッチ。左は稲村亜美=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • プロアマでティーショットを放つ吉田沙保里。後方は、同組の稲村亜美、石川遼、武井壮=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • プロアマでプレーを楽しむ石川遼。左は吉田沙保里、右は稲村亜美=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • プロアマでティーショットを放つ稲村亜美右は石川遼=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • プロアマに出場した(左から)山内鈴蘭、生田衣梨奈=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • プロアマでティーショットを放つ松山英樹=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 石川遼ブッ飛び!“飛ばし屋”吉田沙保里に「びっくり」/国内男子