2018.10.22 05:00

石川遼、「悔しい」4位も4日間60台は「うれしい」/国内男子

石川遼、「悔しい」4位も4日間60台は「うれしい」/国内男子

特集:
石川遼
14番ホール、バンカーショットを放つ石川遼=袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コース(撮影・戸加里真司)

14番ホール、バンカーショットを放つ石川遼=袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コース(撮影・戸加里真司)【拡大】

 ブリヂストン・オープン最終日(21日、千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C=7119ヤード、パー71)石川遼(27)=CASIO=は通算11アンダーで4位だった。首位に3打差の5位から出た石川は逆転で2016年8月以来となるツアー15勝目を狙ったが、4バーディー、2ボギーと伸ばしきれなかった。「やっぱり悔しさが大きい」と本音を吐露。それでも「得意ではない」と公言するコースで4日間続けて60台で回ったことに、「非常にうれしい。少しずつ、一歩ずつだが数字はついてきている」と前向きだった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 8番ホール、バーディートライをするもカップインせず、膝を曲げる石川遼=袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コース(撮影・戸加里真司)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 石川遼、「悔しい」4位も4日間60台は「うれしい」/国内男子