2018.10.18 19:20

石川遼、つまずき取り戻し8位「初めは体が硬かった」/国内男子

石川遼、つまずき取り戻し8位「初めは体が硬かった」/国内男子

特集:
石川遼
第1日、3アンダーで8位の石川遼。3番でティーショットを放つ=千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C

第1日、3アンダーで8位の石川遼。3番でティーショットを放つ=千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C【拡大】

 ブリヂストン・オープン第1日(18日、千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C=7119ヤード、パー71)李尚熹(韓国)が65で単独首位に立ち、25歳で未勝利の浅地洋佑と今季2勝目を狙う出水田大二郎が1打差の2位につけた。

 今季まだ優勝のない石川は、出だしのつまずきを取り戻した。

 最初の10番で第1打をOBとしダブルボギー。続く11番もボギーだったが、13番から5連続バーディーを奪うなど、68で8位と盛り返した。「初めは体が硬かった。バックスイングが浅くなっていたが、すぐに修正できた」と笑顔で説明した。

 前週までで1桁順位は3試合だけ。賞金ランキング23位と目立たないが「今のゴルフができていれば大丈夫かな。優勝争いができるように頑張りたい」と前向きだった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 大勢のギャラリーに囲まれ、ティーショットを放つ石川遼=袖ヶ浦カンツリークラブ(撮影・戸加里真司)
  • 9H、バーディーパットを沈めてギャラリーの拍手に応える石川遼=袖ヶ浦カンツリークラブ(撮影・戸加里真司)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 石川遼、つまずき取り戻し8位「初めは体が硬かった」/国内男子