2018.7.9 11:09

奈紗29位「まだまだ経験が足りない」 上原は47位/米女子

奈紗29位「まだまだ経験が足りない」 上原は47位/米女子

特集:
畑岡奈紗
最終ラウンド、通算13アンダーで29位の畑岡奈紗=ソーンベリークリーク(共同)

最終ラウンド、通算13アンダーで29位の畑岡奈紗=ソーンベリークリーク(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのソーンベリークリーク・クラシックは8日、ウィスコンシン州オナイダのソーンベリークリーク(パー72)で最終ラウンドが行われ、65をマークした金世●(=火へんに英)(韓国)がツアー史上最多アンダーパーとなる通算31アンダー、257で今季初勝利、通算7勝目を挙げた。賞金は30万ドル(約3300万円)。

 これまでは金世●(=火へんに英)、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)の27アンダーが最多だった。

 20位で出た畑岡奈紗は7バーディーを奪ったが、パー3の17番で「7」をたたくなど71で通算13アンダー、29位に終わった。上原彩子は69で10アンダーの47位。(共同)

畑岡奈紗の話「17番だけは本当に悔やまれる。まだまだ経験が足りない。(大会全体は)思うようにいかない部分もあったが、納得のいくスコアかなと思う。トップがあれだけ伸びているので、仕方ない」

上原彩子の話「ショットはまあまあだと思う。もう少し精度を高めたいが、スコアをつくるのはパットなので(65で回った)今週の初日みたいなパットをキープできるようにしたい」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、通算13アンダーでホールアウトした畑岡奈紗。29位に終わった=ソーンベリークリーク(共同)
  • 最終ラウンド、9番でバンカーショットを放つ畑岡奈紗。通算13アンダーで29位=ソーンベリークリーク(共同)
  • 最終ラウンド、11番でバーディーパットを決める畑岡奈紗。通算13アンダーで29位=ソーンベリークリーク(共同)
  • 最終ラウンド、4番でアプローチショットを放つ上原彩子。通算10アンダーで47位=ソーンベリークリーク(共同)
  • 最終ラウンド、ホールアウトした上原彩子。通算10アンダーで47位=ソーンベリークリーク(共同)
  • 米女子ツアー史上最多アンダーパーとなる通算31アンダーで優勝した金世●(=火へんに英)。最終ラウンド、7番でティーショットを放つ=ソーンベリークリーク(共同)
  • 米女子ツアー史上最多アンダーパーとなる通算31アンダーで優勝した金世●(=火へんに英)=ソーンベリークリーク(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗29位「まだまだ経験が足りない」 上原は47位/米女子