2018.7.7 11:50

さくら「ショットひどい」 今季6戦目で初の予選落ち/米女子

さくら「ショットひどい」 今季6戦目で初の予選落ち/米女子

特集:
横峯さくら
第2ラウンド、通算3アンダーで予選落ちした横峯さくら=ソーンベリークリーク(共同)

第2ラウンド、通算3アンダーで予選落ちした横峯さくら=ソーンベリークリーク(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのソーンベリークリーク・クラシックは6日、ウィスコンシン州オナイダのソーンベリークリーク(パー72)で第2ラウンドが行われ、4バーディー、ボギーなしの68で回った畑岡奈紗が通算7アンダー、137で30位に浮上した。首位とは9打差。73の横峯さくらは通算3アンダー、70の野村敏京はイーブンパーで、ともに予選落ちした。

 横峯は、6月上旬の試合で2位に入るなど調子を上げていたが、ショットの精彩を欠いて3バーディー、4ボギー。「全然思ったようなゴルフができていない」と嘆いた。伸ばし合いの中で致命的なオーバーパーをたたき、今季米ツアー6戦目で初の予選落ちに終わった。

 左に曲がるショットが多く、四つのパー5でバーディーなし、1ボギー。「ショットがひどい。(週末も会場へ)練習には来るつもり。来週に備えたい」と修正を期した。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2ラウンド、通算3アンダーで予選落ちした横峯さくら=ソーンベリークリーク(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. さくら「ショットひどい」 今季6戦目で初の予選落ち/米女子