2018.7.7 18:41

2戦連続V狙う成田、3打差で逆転の青写真描く「積極的にバーディー取りたい」/国内女子

2戦連続V狙う成田、3打差で逆転の青写真描く「積極的にバーディー取りたい」/国内女子

ティーショットを放つ成田美寿々=アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)

ティーショットを放つ成田美寿々=アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司) 【拡大】

 ニッポンハム・レディース第2日(7日・北海道アンビックス函館C=6378ヤード、パー72)ともに67で回ったツアー25勝のアン・ソンジュ(韓国)と同16勝のテレサ・ルー(台湾)が通算8アンダーの136で首位に並んだ。1打差の3位に川岸史果、さらに1打差の4位に比嘉真美子が続いた。2戦連続優勝を狙う成田美寿々は通算5アンダーの5位だった。

 2戦連続優勝が懸かる成田が、69にまとめ3打差の5位に上がった。苦手の寒さを、全英リコー女子オープン(8月)の前哨戦と位置づけて耐えたそうで「しっかりと対応できた」と話す。

 3番で10メートルのパーパットを沈め、続く4番ではカラーから8メートルを入れてバーディーを奪うなどパットも好調。「アプローチも安定してボギーをたたかなくなってきている。最終日も積極的にバーディーを取りたい」と逆転の青写真を描いた。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 18番、バーディーパットを沈め、ボールを手にする成田美寿々=アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 2戦連続V狙う成田、3打差で逆転の青写真描く「積極的にバーディー取りたい」/国内女子