2018.7.2 10:33

今季2勝目の朴城ヒョン、大粒の涙「こんなにうれしい勝利はない」/米女子

今季2勝目の朴城ヒョン、大粒の涙「こんなにうれしい勝利はない」/米女子

プレーオフを制し優勝した朴城ヒョン=ケンパーレークスGC(共同)

プレーオフを制し優勝した朴城ヒョン=ケンパーレークスGC(共同)【拡大】

 全米女子プロ選手権最終日(1日、米イリノイ州キルディア、ケンパーレークスGC=6741ヤード、パー72)プレーオフ2ホール目。3メートルのバーディーパットがカップに沈むと、普段はあまり感情を表に出さない朴城ヒョンの目から大粒の涙があふれた。「こんなにうれしい勝利はない」

 2打差を追った16番(パー4)で大ピンチをしのいだ。第2打がグリーン手前の池の端の深いラフに入ったが、次を1メートルにつけるスーパーショット。「自信を持って打てたことが大きかった」と笑顔で振り返る。柳簫然が17番でつまずき、追いついた。

 昨季は全米女子オープンを含む2勝を挙げ賞金女王に輝いた。今季は5月に1勝。それでも直後の3試合連続を含む予選落ちが5度と苦戦していた。「あの時期があったからこそ勝てた」と感極まった理由を語った。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 今季2勝目の朴城ヒョン、大粒の涙「こんなにうれしい勝利はない」/米女子