2018.7.2 07:18

畑岡奈紗が快進撃もメジャー初優勝ならず…POで敗れる/米女子

畑岡奈紗が快進撃もメジャー初優勝ならず…POで敗れる/米女子

特集:
畑岡奈紗
最終ラウンド、10番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)

最終ラウンド、10番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)【拡大】

 女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は1日、イリノイ州キルディアのケンパーレークスGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、19歳の畑岡奈紗は23位から出て64と伸ばし通算10アンダーの278で首位に並び、プレーオフに敗れ2位だった。樋口久子以来、日本女子41年ぶりのメジャー制覇はならなかった。

 畑岡は2イーグル、5バーディー、1ボギーで9打差を追いつき朴城ヒョン、柳簫然(ともに韓国)とのプレーオフに持ち込んだが、1ホール目でバーディーを奪えず脱落した。24歳の朴城ヒョンが2ホール目で制し、昨年の全米女子オープン選手権に続くメジャー2勝目を飾った。米ツアーでは今季2勝目で通算4勝。賞金は優勝が54万7500ドル(約6080万円)、2位が約29万ドルだった。

 上原彩子は72で回り通算8オーバーで60位。横峯さくらは75で10オーバーの66位だった。(共同)

畑岡奈紗の話「自分でもびっくりする内容だった。トップ10を狙ってやっていた。プレーオフは何も怖いものはないと思い切りやった。メジャーに勝つまであと一歩だと思う」

朴城ヒョンの話「トロフィーを手にしていることが信じられない。16番のパーセーブが本当に大きかった。今季は5度も予選落ちしている。苦しいシーズンを送っていたから、最後のパットが決まると涙があふれた。こんなにうれしい勝利はない」

上原彩子の話「4日間で一番、風が強かった。自分のプレーができていないので、早く感覚を取り戻したい。この風の中で奈紗ちゃんは8アンダー。すごいと思う」

横峯さくらの話「1度もアンダーパーで回れずすごく残念。パットから崩れてしまった。奈紗ちゃんの活躍はすごく刺激になる。負けたくないという気持ちでプレーすることも大事」

柳簫然の話「最も悔やまれるのは17番のダブルボギー。風を読み違えた。悪いショットではなかったが、池に入ってしまい残念。最後までベストは尽くせた」

リーダーボードへ

  • 最終ラウンド、11番でイーグルパットを決め、ガッツポーズする畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)
  • 最終ラウンド、11番でイーグルパットを沈める畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)
  • 最終ラウンド、11番で第2打をグリーンに乗せ、キャディーと喜ぶ畑岡奈紗。このホールでイーグルを奪った=ケンパーレークスGC(共同)
  • 最終ラウンド、12番でティーショットを放つ上原彩子=ケンパーレークスGC(共同)
  • 最終ラウンド、12番でショットを放つ上原彩子=ケンパーレークスGC(共同)
  • 最終ラウンド、11番でティーショットを放つ横峯さくら=ケンパーレークスGC(共同)
  • 最終ラウンド、12番でショットを放つ横峯さくら=ケンパーレークスGC(共同)
  • プレーオフを制し優勝した朴城ヒョン=ケンパーレークスGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 畑岡奈紗が快進撃もメジャー初優勝ならず…POで敗れる/米女子