2018.7.2 05:01

奈紗、ショット好調も23位後退/米女子

奈紗、ショット好調も23位後退/米女子

特集:
畑岡奈紗
第3ラウンド、6番でギャラリーの声援に応える畑岡奈紗。通算2アンダーで23位=ケンパーレークスGC(共同)

第3ラウンド、6番でギャラリーの声援に応える畑岡奈紗。通算2アンダーで23位=ケンパーレークスGC(共同)【拡大】

 全米女子プロ選手権第3日(30日、米イリノイ州キルディア、ケンパーレークスGC=6741ヤード、パー72)首位に3打差の8位から出た畑岡奈紗(19)=森ビル=は3バーディー、4ボギーの73とスコアを落とし、通算2アンダーの23位に後退した。横峯さくら(32)=エプソン=は76と振るわず、通算7オーバーで66位。上原彩子(34)=モスバーガー=は通算8オーバーの68位。柳簫然(28)=韓国=が67と伸ばし、通算11アンダーで単独トップに立った。

 最高気温35度を超える暑さの中で畑岡は粘れず、「ショットは良かったのに、グリーン周りで苦戦してしまった」と肩を落とした。2つスコアを落として迎えた後半11番(パー5)で、グリーン右のバンカーから第3打をベタピンにつけバーディー。だが、反撃もここまでだった。前週の「アーカンソー選手権」で初の米ツアー優勝。2週連続優勝も懸かる最終日で巻き返しを図る。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3ラウンド、9番でアプローチショットを放つ畑岡奈紗。通算2アンダーで23位=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第3ラウンド、4番でティーショットを放つ畑岡奈紗。通算2アンダーで23位=ケンパーレークスGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗、ショット好調も23位後退/米女子