2018.7.1 08:30

畑岡奈紗、9差23位に後退「グリーン周りで苦戦」/米女子

畑岡奈紗、9差23位に後退「グリーン周りで苦戦」/米女子

特集:
畑岡奈紗
第3ラウンド、4番でティーショットを放つ畑岡奈紗。通算2アンダーで23位=ケンパーレークスGC(共同)

第3ラウンド、4番でティーショットを放つ畑岡奈紗。通算2アンダーで23位=ケンパーレークスGC(共同)【拡大】

 女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は6月30日、イリノイ州キルディアのケンパーレークスGC(パー72)で第3ラウンドが行われ、8位から出た畑岡奈紗は3バーディー、4ボギーの73と伸ばせず、通算2アンダーの214で首位と9打差の23位に後退した。

 横峯さくらは76と振るわず通算7オーバーで66位、上原彩子も78と崩れ8オーバーで68位。

 柳簫然(韓国)が67と伸ばし、通算11アンダーで単独トップ。3打差の2位にブルック・ヘンダーソン(カナダ)がつけている。(共同)

畑岡奈紗の話「ショットは良かったのに、グリーン周りで苦戦してしまった。緊張はなく、逆に足りないくらい。パットも入らず、いい流れにできなかったのが残念。後半はチャンスを生かせなかったのがオーバーパーにつながってしまった」

横峯さくらの話「出入りが激しくもったいないラウンドになってしまった。16番までは耐えていたのに、17番でティーショットを池に入れトリプルボギー。本当に頭が悪く、全然マネジメントができていなかった。パッティングから崩れていってしまった」

上原彩子の話「悲惨なゴルフだった。ショットが思ったところにいかなかった。いいセーブもあったけど、スコアにはつながらなかった。パットが入らないとスコアにならない。最終日は今できることをしっかりやって頑張りたい」

柳簫然(韓国=2011年全米女子オープンなどメジャー2勝)「11番で5メートルのバーディーパットを決めたのが大きかった。この大会に勝てば生涯グランドスラム(メジャー全制覇)に一歩近づく。絶対に勝ちたい」

ブルック・ヘンダーソン(全米女子プロ選手権は15年から5位、優勝、2位)「この大会はいつもいいプレーができる。すごく特別な思いがある。最終日はティーショットが鍵。逆転を目指したい」

朴城●(=火へんに玄)(韓国=4打差3位)「いくつかチャンスを逃してしまったが、プレーには満足している。あと1ラウンド、ベストを尽くせたら勝ち負けは問題じゃない」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3ラウンド、9番でアプローチショットを放つ畑岡奈紗。通算2アンダーで23位=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第3ラウンド、6番でギャラリーの声援に応える畑岡奈紗。通算2アンダーで23位=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第3ラウンド、1番でパットを放つ横峯さくら。通算7オーバーで66位=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第3ラウンド、5番でバンカーショットを放つ横峯さくら。通算7オーバーで66位=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第3ラウンド、1番でパットを放つ上原彩子。通算8オーバーで68位=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第3ラウンド、15番でティーショットを放つ柳簫然。通算11アンダーで首位=ケンパーレークスGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 畑岡奈紗、9差23位に後退「グリーン周りで苦戦」/米女子