2018.6.30 10:58

畑岡奈紗、3打差8位浮上!「メジャーの緊張は少しはある」/米女子

畑岡奈紗、3打差8位浮上!「メジャーの緊張は少しはある」/米女子

特集:
畑岡奈紗
第2ラウンド、1番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)

第2ラウンド、1番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)【拡大】

 女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は29日、イリノイ州キルディアのケンパーレークスGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、10位から出た畑岡奈紗は4バーディー、4ボギーの72で回り通算3アンダーの141で8位に浮上した。

 柳簫然、朴城●(=火へんに玄)の韓国勢とブルック・ヘンダーソン(カナダ)が通算6アンダーで首位に並んだ。

 74だった上原彩子は通算2オーバーの54位。横峯さくらも74で回り、3オーバーの64位で際どく決勝ラウンドへ進んだ。野村敏京は78と崩れ9オーバーの124位で予選落ちした。(共同)

畑岡奈紗の話「風が強い中でティーショットがぶれてしまった。イーブンパーに戻して終わりたかったので、18番はバーディーが取れて良かった。メジャーの緊張は少しはある。コースが難しく頭が疲れているので、決勝はミスジャッジしないようにしたい」

上原彩子の話「最後の9番は最高にいいパットができた。バーディーを入れたら予選通過できそうと順位を確認して打った。入ってくれて良かった。あと2日間戦えることは本当にうれしい」

横峯さくらの話「最後の9番(パー4)は絶対にバーディーが必要だと思っていた。(第3打は)セミラフからのすごく難しいライだったけど、ラインだけ考えて打ったらうまく入ってくれた。決勝はアンダーパーで回りたい」

野村敏京の話「前半の16番でトリプルボギーにしてしまった。予選通過は厳しくなり(集中力を保つのが)難しくなった。頑張っているけど、今はもっと練習が必要だと思う」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2ラウンド、3番でティーショットをピンそばにつけ、笑顔を見せる畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第2ラウンド、バンカーショットを放つ畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第2ラウンド、2番で第2打を放つ横峯さくら=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第2ラウンド、バンカーショットを放つ上原彩子=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第2ラウンド、2番でティーショットを放つ野村敏京=ケンパーレークスGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 畑岡奈紗、3打差8位浮上!「メジャーの緊張は少しはある」/米女子