2018.6.30 05:03

奈紗、3差10位発進!さぁ次はメジャー制覇だ/米女子

奈紗、3差10位発進!さぁ次はメジャー制覇だ/米女子

特集:
畑岡奈紗
海外メジャーで好発進の畑岡。バーディーを決めて、キャディーとハイタッチならぬ小指タッチ (共同)

海外メジャーで好発進の畑岡。バーディーを決めて、キャディーとハイタッチならぬ小指タッチ (共同)【拡大】

 全米女子プロ選手権第1日(28日、米イリノイ州キルディア、ケンパーレークスGC=6741ヤード、パー72)前週大会で米ツアー初優勝を遂げた畑岡奈紗(19)=森ビル=が6バーディー、3ボギーの3アンダー69で回り、首位に3打差の10位につけた。上原彩子(34)=モスバーガー=はイーブンパーの51位、横峯さくら(32)=エプソン=は1オーバーの71位。野村敏京(25)=フリー=は3オーバーの108位。6アンダー66をマークした朴城●(=火へんに玄)(24)=韓国=がトップに立った。

 悲願の米ツアー優勝から4日。畑岡が海外メジャーでも好発進だ。

 「気負いはなかった。自信を持ってプレーできた」

 昨年大会は通算8オーバーで予選落ち。しかし今季は違う。今月の海外メジャー第2戦「全米女子オープン」で10位、前週の「アーカンソー選手権」で優勝。シカゴから車で北に約1時間のケンパーレークスGCは総距離6741ヤードと長く、前日までの雨でボールが転がらず、ロングヒッターが有利だ。コース全体に池が点在し、グリーンの傾斜もきつい難コースを自信を持って攻めた。

 初日首位に立った世界ランキング6位の朴城●(=火へんに玄)ら、強力なライバルがひしめく。それでも畑岡は「チャンスをしっかり決めたい」ときっぱり。臆することなく、真っすぐ頂点だけを見つめる。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、10番でバンカーショットを放つ畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第1ラウンド、12番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第1ラウンド、9番でバーディーパットを決める上原彩子=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でティーショットを放つ野村敏京=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第1ラウンド、11番でティーショットを放つ上原彩子=ケンパーレークスGC(共同)
  • 第1ラウンド、9番でアプローチショットを放つ横峯さくら=ケンパーレークスGC(共同)
  • 全米女子プロ選手権・過去10年の優勝者
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗、3差10位発進!さぁ次はメジャー制覇だ/米女子